仮想通貨『NAV Coin(ナビコイン/NAV)』最近注目を集めている匿名通貨の一つ

NAV Coinはビットコインの技術をベースに、高い匿名性を確保した仮想通貨です。匿名性の確保に重点を置いた仮想通貨は多い一方で、新しいアルゴリズムなどを採用した場合は予期せぬ脆弱性が発見される確率が上がるという弱点も出てきます。

NAV Coinはビットコインで確立された技術をベースにした安定性が魅力で、IPアドレスの情報すら伏せられるという匿名性がポイントになっています。個人情報などの流出リスクが低いのが魅力ですが、承認間隔が長く、決済に時間がかかるという弱点もあります。

また、2014年代に誕生した仮想通貨であり、比較的古く、注目度が低いことがネックで、購入する場合はリスクについてもしっかりと知っておく必要があります。

※『NAV』のチャート(2018年04月26日 14時52分時点)

NAV Coin(ナビコイン/NAV)の歴史について

NAV Coin(ナビコイン/NAV)の歴史について
NAV Coinは2014年6月に公開された仮想通貨で、ビットコイン以上に匿名性を高めているのが特徴です。また、保有量に応じて報酬が発生するPoSを採用していて、ビットコインのようなマイニング競争がおきにくくなっています。

▼関連記事▼
マイニングとは?誰もが仮想通貨を採掘できる

ビットコインは匿名性が高いといわれていますが、実際にはある程度情報をたどることは可能で、完全な匿名性を確保できないのが現実です。

そのため、より匿名性を高めるための仮想通貨が誕生していて、NAV Coinは既存の技術の組み合わせで作られているのが特徴になっています。

処理速度の速さなどには期待できないものの、プログラムの脆弱性などが入り込む隙が小さく、致命的な事故につながるリスクが低いのです。

匿名性を重視した仮想通貨の一つ

NAV Coinは匿名性を重視した仮想通貨の一つで、取引に関する情報を徹底的に隠せることが特徴になっています。同様に匿名性を高めた仮想通貨では「ZCash」などがありますが、運用期間が短く、予期せぬ脆弱性が入り込む確率が上がってしまいます。

▼関連記事▼
『Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)』匿名性の高さが魅力の仮想通貨

NAV Coinはビットコインの技術をベースに、検証が進んだアルゴリズムを採用し、プログラム自体の堅ろう性を高めているのが特徴です。そのため、取引情報などから芋づる式に個人の特定につながる情報が漏洩するリスクが低くなっているのです。

送受信に使ったIPアドレス自体も隠せるようになっているため、匿名性の高い取引を求める人にうってつけの仮想通貨になっています。

PoSを採用した仮想通貨

NAV CoinはPoSを採用した仮想通貨で、保有量に応じて報酬が支払われる仕組みになっています。ビットコインで採用されたPoWはCPU性能が高いコンピューターを持った人ほどマイニングに有利になり、平等性が崩れやすいという弱点がありました。

PoSはイーサリアムなどでも採用されているのが特徴で、仮想通貨の保有量に応じて報酬が支払われる仕組みになっています。

▼関連記事▼
Proof of Stake(プルーフオブステーク)とは?Proof of Workとの違い

保有量が増えるほど報酬も多くなり、富が偏りがちという弱点はあるものの、高額な設備投資などは必要なく、購入や利用のハードルが低くなっているのが魅力です。

NAV Coin(ナビコイン/NAV)の特徴とは?

NAV Coin(ナビコイン/NAV)の特徴とは?
NAV Coinはビットコインの技術を応用したシステム自体の堅牢性と匿名性の高さが特徴です。取引はNAV Coinのシステムを通じて行われ、IPアドレスなどの情報は自動的に消去される仕組みになっています。

IPアドレスはインターネット上の住所情報のようなもので、個人を特定する有力な手がかりになるケースがあります。IPアドレス自体を秘匿できるのは、NAV Coinの大きなメリットです。

ただし、処理には数十秒単位の時間がかかり、高速での取引には向かないという欠点もあります。数秒単位、あるいは数分の1秒以下の時間で取引ができる仮想通貨が増えているため、日常的な買い物には向かない部分があるのです。

IPアドレスも秘匿できるのが最大のメリット

NAV Coinは送金情報などを徹底的に隠せる仮想通貨で、特にIPアドレスまで隠せるのが特徴になっています。

IPアドレスはデータの送受信を行った際に自動で記録されますが、NAV Coinの場合はシステム上でIPアドレスの履歴を消すことで追跡自体をできないようにしています。履歴自体が残らないため、個人や国の特定につながる情報をたどることができないのです。

プログラムの堅牢性だけでなく、万が一情報が流出した際のリスクにも備えているのが特徴になります。

決済の時間は数十秒程度かかる

NAV Coinの承認間隔は約30秒になっていて、情報の秘匿性を重視した仮想通貨では比較的早くなっています。ビットコインは初期の承認時間が10分であり、いかに短縮されているかがわかります。

一方で、2014年公開の仮想通貨であり、新しい技術で作られた仮想通貨に埋もれがちになっています。承認速度の速さは日常の買い物に利用するためには重要で、普及の利用のハードルになることも珍しくないからです。

決済に数十秒かかるようでは一般に普及する確率は低くなり、特定分野以外の利用が難しくなります。PoSを採用していることもあり、価格の変動が起こりにくく、投資目的でも若干使いにくい仮想通貨の一つになっているのです。

『NAV』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『Pura(プラ/PURA)』マスターノードを保持することで利益を得られ...

仮想通貨『Cardano(カルダノ/ADA)』詐欺だとも噂された仮想通貨

仮想通貨『BitConnect(ビットコネクト/BCC)』レンディングや通貨保有...

仮想通貨『Stratis(ストラティス/STRAT)』マイクロソフトとの連携で知...

仮想通貨『Komodo(コモド/KMD)』法定通貨との紐付けが魅力

仮想通貨『Ethereum Classic(イーサリアムクラシック/ETC)』D...