仮想通貨『Metaverse ETP(メタヴァース/ETP)』現物の資産をデジタル化して取引可能にさせる仮想通貨

Metaverse ETPは中国発の仮想通貨で、パブリックブロックチェーン技術を用いたプラットフォームでもあります。

金や土地など様々な資産をデジタル化して取引できることが特徴で、実際の権利情報と結びつけることで取引をスムーズにしつつ、手数料を削減する効果が期待されています。

分野を問わずに利用が可能なため、実際にMetaverse ETPのパブリックブロックチェーン技術を採用し、現物の金と情報を結びつけた仮想通貨も誕生しています。

資産の管理や維持には費用がかかるだけでなく、不正が入り込む余地があるのもポイントで、リスク分散の手段の一つとしても注目されています。

※『ETP』のチャート(2018年04月26日 14時53分時点)

Metaverse ETP(メタヴァース/ETP)の歴史について

Metaverse ETP(メタヴァース/ETP)の歴史について
Metaverse ETPは2016年8月に公開、2017年7月に取引が開始された仮想通貨です。中国発の仮想通貨の一つで、高い拡張性を持ち、様々な仮想通貨のプラットフォームとしても機能します。

Metaverse ETPは様々な資産をデジタル化し、流動性を高めると同時に資産を分散する役割を果たしています。金融資産土地などの不動産といった資産は、売買に様々な手続きが必要で、様々な手数料で目減りしやすいという欠点があります。

Metaverse ETPを利用すればデジタル化された情報とそれに結びつく権利情報から様々な処理を自動化、簡略化し、簡単な取引ができるようになります。各種手数料の負担軽減や購入、売買の手軽さが魅力となるのです。

現実の資産を仮想通貨と結びつけるのが特徴

Metaverse ETPは資産を仮想通貨と結びつけ、デジタル化する目的で作られています。Metaverse ETP以外にも資産情報を結びつけてデジタル化を目指す仮想通貨は数多く存在し、Metaverse ETPの技術を利用して作られた仮想通貨もあります。

Metaverse ETPで管理される資産は様々な権利情報が結び付けられることが前提で、取引が完了すれば権利情報も移動する形になります。書類作成の手間や各種手続きに必要な費用が削減できるため、資産の流動性が高まるのが魅力になっています。

資産を運用する人ほど手数料やリスクなどの情報に敏感になるため、Metaverse ETPの利用が利益を最大化するための選択に上がりやすくなるのです。

関連仮想通貨が誕生している

Metaverse ETPは応用性が高く、様々な資産をデジタル化することが可能です。すでにMetaverse ETP を利用したZenGold(ゼンゴールド)などの仮想通貨が誕生し、金の情報と仮想通貨を紐付けることが可能になっています。

今後も新しい形の仮想通貨が誕生する可能性があり、注目のポイントになっています。

Metaverse ETP(メタヴァース/ETP)の特徴とは?

Metaverse ETP(メタヴァース/ETP)の特徴とは?
Metaverse ETPはパブリックブロックチェーンの技術を提供し、様々な仮想通貨を生み出すプラットフォームとしても機能します。資産のデジタル化だけでなく、個人の情報や企業の情報を結びつけ、取引の促進を図ることができます。

ネットワーク上に企業などの情報を登録し、公開することで、どんな人間と取引をしているか想像しやすくし、安心感を与える仕組みも加わっているということです。

金融資産などの取引は税制や法律の縛りがあるため、匿名性が高すぎることが取引のハードルになるケースもあります。不正を防ぐ面でもある程度の指針となる情報があることが重要になる場合があるのです。

取引相手がわからないことが障害なる場合も

仮想通貨のメリットはどんな人とでも簡単に取引ができることです。一方で、各種資産やお金を反社会勢力や指定団体に寄付するなどの取引があった場合はさまざまな法律に違反する可能性が出てきます。

資産の取引が面倒なのは、法律上のトラブルを防ぐためや、税制上の区分を明確にするためでもあるのです。Metaverse ETPは資産取引に必要な情報を登録し、誰と取引を行うか明確にすることができます。

利益を優先した結果法律を犯すなどのリスクを防げるため、企業や個人を特定できる情報を提示できることもメリットとなりえるのです。

実際の権利情報を結び付けられるかが課題

Metaverse ETPは様々な資産のデジタル取引を促進する仮想通貨です。一方で、実際に土地などの資産を取引する場合は、法律上の問題に直面することになります。

書類の手続きが不可欠なケースが珍しくなく、法整備とデジタル化の整合性が取れていないことが多いためです。法整備が進めば取引ができる資産の種類も増えることになりますが、実際にどこまで仮想通貨利用促進が進むかは不透明な部分があります。

また、仮にデジタル化が進んでもMetaverse ETPの利用が促進されるとは限らず、別の仮想通貨が採用される可能性もあります。

『ETP』を取り扱っている主な取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『Siacoin(シアコイン/SC)』PCの余ったストレージを共有できる...

仮想通貨『Hshare(エイチシェア/HSR)』互換性の無さを克服するのが目的

仮想通貨『Stellar Lumens(ステラ/XLM)』マウントゴックス創始者...

仮想通貨『Monero(モネロ/XMR)』秘匿性が非常に高くダークマーケットでも...

仮想通貨『ChainLink(チェーンリンク/LINK)』中間に入ってデータ処理...

仮想通貨『Ripple(リップル/XRP)』銀行などの送金システムにも採用される...