仮想通貨『Hshare(エイチシェア/HSR)』互換性の無さを克服するのが目的

Hshare(エイチシェア)とは、ブロックチェーン技術の限界を克服するために作られた仮想通貨Hcash(エイチキャッシュ)に交換するためのトークンの一種です。

Hcash(エイチキャッシュ)はまだ開発中のため、まずHshare(エイチシェア)を公開して資金を集め、開発が完了した段階で交換していく予定なのです。

将来的にはHshare(エイチシェア)は全て破棄される予定で、交換が開始され次第Hcash(エイチキャッシュ)に変えていく必要があります。

将来性に注目が集まる一方で、未知の部分が多い仮想通貨でもあり、投機的な購入が多いのが特徴です。あくまで先行投資としての購入になるため、他の仮想通貨との性質の違いに注意することが大切です。

※『HSR』のチャート(2018年06月21日 13時44分時点)

Hshare(エイチシェア)の歴史について

Hshare(エイチシェア)の歴史について
Hshare(エイチシェア)は2017年に公開された仮想通貨です。正確にはHcash(エイチキャッシュ)のトークンであり、将来的には全てHcash(エイチキャッシュ)に交換される予定です。

Hcash(エイチキャッシュ)は開発中のため、交換のためのトークンが売買され、取引が発生している状態なのです。

Hcash(エイチキャッシュ)はブロックチェーン技術の限界を克服することを目的としていて、ブロックチェーンの情報だけでなく、全く別のシステムの情報などをやりとりできることを目指しています。

仮想通貨とその他の情報の紐付けが可能なプラットフォームとして開発されていて、可能性の高さから注目を集めているのです。

未完成の仮想通貨のトークンとして誕生

Hshare(エイチシェア)はHcash(エイチキャッシュ)のトークンとして誕生しています。トークンは仮想通貨との交換券のようなもので、Hcash(エイチキャッシュ)が誕生した場合はそのまま引きかえることができるようになっています。

交換が完了した時点でHshare(エイチシェア)は破棄される予定で、価値を失うことが決まっているのが特徴です。

あくまでHcash(エイチキャッシュ)が本命であり、長期保管を前提にHshare(エイチシェア)を所有しても損失に結びつく可能性が出てきます。

購入側に管理意識が求められるのが大きな特徴になっています。

Hshare(エイチシェア)単体で意味を持つわけではない

Hshare(エイチシェア)はHcash(エイチキャッシュ)のトークンであり、特別な機能などがあるわけではないのがポイントになります。価値の変動はHcash(エイチキャッシュ)の開発状況や普及の可能性に左右される形となっています。

開発が失敗すれば価値がゼロになってしまう可能性もありえるのです。

資金を集めることには成功しているため、公式サイトの情報を含め情報をこまめにチェックすることが大切です。計画が順調に進んでいるのであれば、価値が高騰する可能性もあります。

トークンの取引でありながら、時価総額は仮想通貨でもかなり上位に食い込んでいて、注目度の高さがうかがえます。

Hshare(エイチシェア)の特徴とは?

Hshare(エイチシェア)の特徴とは?
Hshare(エイチシェア)はHcash(エイチキャッシュ)に引き換えるためのトークンです。

そのため、Hcash(エイチキャッシュ)の特徴を理解した上で購入する必要があります。

Hcash(エイチキャッシュ)はブロックチェーン以外の技術で作られた情報をやりとりできるように作られていて、ブロックチェーンへの情報書き込みも従来と異なっているのが特徴です。

ブロックチェーンは時系列準で情報を書き込んでいきますが、Hcash(エイチキャッシュ)は時系列に関わらずに情報を書き込むことができます。これにより読み込める情報量を増やしたり、処理時間の短縮が可能になっているのです。

また、仮想通貨間の情報交換ができるのもポイントで、他の仮想通貨の発展がそのままHcash(エイチキャッシュ)の価値向上につながる可能性もあります。

あらゆる情報をつなぐプラットフォームとして開発中

Hcash(エイチキャッシュ)はブロックチェーン技術で作られた仮想通貨の互換性のなさを克服するために作られています。どれだけ優れた仮想通貨を作っても、他の仮想通貨との取引が不便であれば普及が進まない可能性があります。

また、仮に仮想通貨を両替しても両替手数料が取られるなど負担が大きくなる部分が出てきます。

Hcash(エイチキャッシュ)は仮想通貨だけでなく、サイドチェーンや、ブロックチェーン技術を使わないシステムとの互換性を意識しています。

本来やりとりをすることが難しいシステム同士をつなぐのがHcash(エイチキャッシュ)の特徴なのです。

大幅な処理時間の短縮なども可能に

Hcash(エイチキャッシュ)はブロックチェーンの情報書き込み方式などを見直し、柔軟に機能を拡張できるようになっています。処理時間の短縮などにも貢献するため、非常に実用性が高くなっているのです。

欠点はまだシステムが出来上がっておらず、想定されている機能を全て盛り込めるか不透明なことです。

あくまでHcash(エイチキャッシュ)のトークンとしてHshare(エイチシェア)が存在し、全ての情報が公開されているわけでは無いのです。未知数な部分が多いことに理解が必要です。

『HSR』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方 おすすめ
【6月30日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年6月30日(土)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

DMM Bitcoin公式サイトを見る>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『Ripple(リップル/XRP)』銀行などの送金システムにも採用される...

仮想通貨『Syscoin(シスコイン/SYS)』大手企業を通さず国境間での商品の...

仮想通貨『Ark(アーク/ARK)』スマートブリッジ機能で他の通貨と連携が取れる

仮想通貨『Vertcoin(ヴァートコイン/VTC)』公平なマイニングのためにA...

仮想通貨『VeChain(ヴェチェーン/VEN)』大手コンビニや中国政府との提携...

仮想通貨『FunFair(ファンフェアー/FUN)』カジノ市場をターゲットにして...