仮想通貨『Factom(ファクトム/FCT)』不動産取引などの手続きを簡略化させる仮想通貨

Factom(ファクトム/FCT)はFact(事実)が語源になっていて、ドキュメントデータを記録できるのが特徴になっています。

記録されたデータは全世界で共有されることになるため、証券情報などを記録し、様々な手続きの簡略化やコストダウンをすすめることを目指して作られた仮想通貨になっています。

Factomはプラットフォームの名前で、Factomを利用するために必要なトークンがFactoid(ファクトイド/FTC)になります。Factom上に保存されたデータは仕組み上改ざんができなくなるため、様々な分野に応用ができるものとして注目されています。

現在ではFactomと同様、あるいは類似する機能を追加する仮想通貨も増えています。

※『FCT』のチャート(2018年04月26日 14時53分時点)

Factom(ファクトム/FCT)の歴史について

Factom(ファクトム/FCT)の歴史について
Factomは2015年に公開された仮想通貨です。Factomはプラットフォーム名で、それを利用するために必要な仮想通貨がFactoidになります。様々なドキュメントデータを記録できるのが特徴で、証券情報や公的な権利情報を記録することを目的に誕生しています。

主要なターゲットは不動産で、権利情報と取引を結びつけ、登記など各種手続きを省略することを目指しています。不動産取引は必要な情報や手続きが多く、各種手数料や調査にかかる費用が膨大なものになりがちです。

Factomを利用すれば決済と同時に権利情報なども移動する形になり、余分な手続きやコストを削減できます。不動産取引の改革を目指して作られた仮想通貨の一つなのです。

事実を記録するための仮想通貨

Factomは事実を語源とする仮想通貨で、様々なデータを保存し、データの正確性を担保することを目的としています。データを記録すれば誰でもその情報を確認ができるのがポイントで、客観的な価値を証明する上で重要な要素になっているのです。

取引の情報や権利情報が公開されるため、書類の取り寄せなど確認にかかる手間を省くことができます。また、不正を行えば不正を行った記録も記録される形になるため、取引における法的な責任を追及することも容易になります。

そのため、公的な情報や公開が必要な情報の記録にうってつけで、社会的なコストの軽減にも役立つ仕組みになっているのです。

不動産がターゲットなのは情報量が多いから

Factomが不動産を主要なターゲットにしているのは、不動産取引に必要な情報や手続きが非常に多いからです。

手続きが多いのは不正な取引などを防ぐためですが、関わる人が増えるため不要な手続きが挟まれ、費用の増大を招く場合もあります。結果として業者の手数料などが増え、消費者の負担が増えることが多くなるのです。

Factomを利用した取引であれば、事前に各国の法律などに沿う形に調整を行えば、各種権利の確認や譲渡、登記の手続きを省略することができます。手数料もFactomの利用分だけに抑えられるため、大幅なコスト削減が見込めるのです。

Factom(ファクトム/FCT)の特徴とは?

Factom(ファクトム/FCT)の特徴とは?
Factomの特徴はデータが世界中のコンピューターを通して記録され、改ざんすることがほぼ不可能になることです。不正を防ぐだけでなく確認のための人件費を節約することが可能になり、手続きの費用削減や簡略化に貢献します。

不動産取引分野で先行しているため、実用化の面でも一歩リードしているのも特徴です。

しかし、イーサリアムなどスマートコンテクスト機能の一部に、Factomと同様、あるいは類似した機能を持たせる仮想通貨が増えています。Factomだけが持っている機能と言うユニークさが薄れ、競争がおきやすくなっているのです。

より使いやすい仮想通貨が普及すれば、価値が薄れる可能性があります。

情報が共有されることが重要になる

ビットコインの革命的だった要素の一つが、ブロックチェーンに情報を記録する点です。ブロックチェーン情報は世界で共有されるだけでなく、無理に改ざんしようとすればデータ自体が無効化される仕組みになっています。

不正が入りにくいだけでなく、それを確認するための手段がセットになっていて、信用性を担保する重要な要素になっているのです。

Factomはブロックチェーンの長所を参考に、ドキュメントデータを記録し、公的な記録も含めたあらゆる情報を公開し、高い信用性を守れるように設計されています。事実確認が容易なだけでなく、公開性と透明性の両立ができることが最大の特徴になっているのです。

後発の仮想通貨がライバルに

Factomは不動産分野をターゲットに先進的な取り組みを行った仮想通貨になります。しかし、実用化にはまだハードルがあり、実用化の研究が進むうちにより高度な処理が可能な仮想通貨が生まれると言う事態に陥っています。

法整備も含めてこれから仮想通貨の使用が現実的か確認すると言う国も多く、他の仮想通貨に対しての優位性を保つのが難しくなっているのです。

同様の機能や類似する機能を含んだ仮想通貨が多いからこそ、どこまで実用化が進むのか、実際に採用されるかが重要になっています。

『FCT』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『OmiseGO(オミセゴー/OMG)』東南アジアを中心に人気の高い仮想...

仮想通貨『Walton(ウォルトン/WTC)』RFID技術の発明者ウォルトン氏に...

仮想通貨『0x(ゼロエックス/ZRX)』イーサリアム上の仮想通貨を容易に交換でき...

仮想通貨『Stratis(ストラティス/STRAT)』マイクロソフトとの連携で知...

仮想通貨『Lisk(リスク/LSK)』サイドチェーン技術により過去のデータを修正...

仮想通貨『BitcoinDark(ビットコインダーク/BTCD)』コモドコイン開...