仮想通貨『Blocknet(ブロックネット/BLOCK)』DEXによりブロックチェーン本来のメリットを生かす

Blocknetは、分散型でネイティブな仮想通貨取引を行うプロジェクトとして発足しています。Proof of Stakeのアルゴリズムを採用しているので、長期ホルダーにメリットがある仮想通貨です。

▼関連記事▼
Proof of Stake(プルーフオブステーク)とは?Proof of Workとの違い

APIエコシステムを完全に置き換えるトークンエコシステムが採用されており、いつでも貨幣化可能となっています。ブロックチェーン技術を採用した仮想通貨が多数登場している中で、複数のブロックチェーン間で幅広い相互運用性を実現することが不可欠です。

Blocknetは、数千にも広がる独立したブロックチェーンをトークンエコシステムに変換してブロックチェーン技術の強化を実現しています。APIによる摩擦を防止し、ブロックチェーン技術を高いセキュリティーの下で利用できるよう取り組みが行われているわけです。

※『BLOCK』のチャート(2018年02月23日 13時39分時点)

Blocknet(ブロックネット/BLOCK)の歴史について

Blocknet(ブロックネット/BLOCK)の歴史について
中央集権的な仮想通貨の取引が行われている現状に対して、分散型取引を徹底することで取引所による支配を避ける狙いがあります。

Blocknetは、Decentralized Application Platformを目指しているので、Decentralized Exchange(略称DEX)を重視しています。分散型取引を行えば、中央集権的な管理からの脱却を目指している本来の仮想通貨の目的にも合致するわけです。

アルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨は、大半が取引所への上場時に価格が上がり、上場廃止と共に暴落する傾向が高い状況です。

取引所において売買される仮想通貨は、取引所が上場または廃止を決断することになるので、事実上は取引所が中央集権的な役割を果たしてしまいます。そこで、Blocknetでは、徹底した分散型取引を行うことに注力しています。

取引所への上場有無に左右されない

Blocknetは、完全な分散型取引を実現しているので、取引所への上場有無により売買価格相場が左右されません。分散型取引ならば、万が一不正アクセスの被害を受けても、他のブロックチェーンから復元が可能です。

[PR]取引所に置くのはもう心配?

1箇所の取引データを改竄しても、分散型取引データを一斉に書き換えることは出来ないので、容易に復元出来るセキュリティー面での強さがあります。

ロードマップに沿った開発が続けられている

Blocknetが公開された時期は、2014年10月20日とアルトコインの中では古い部類に入ります。しかし、ロードマップに従った機能強化とセキュリティーアップが行われているだけでなく、今後の予定もしっかりと公式サイト上に明記されています。

進捗状況を常に確認しながらBlocknetを利用できるので、安全性についても十分に考慮されているわけです。

Blocknet(ブロックネット/BLOCK)の特徴とは?

Blocknet(ブロックネット/BLOCK)の特徴とは?
Blocknetでは、取引に際して企業・個人が介入しない、完全なP2Pの下で通貨交換が出来ます。実際の取引の流れは、デポジットの準備→注文→マッチング→実際の取引という流れです。

Blocknetは、4つの取引ステップを行う過程で、取引者以外の第三者を全く挟まない事を保証しています。DEXを採用することで、取引は即座に実行されて、取引手数料も他のアルトコインが利用する取引所よりも遥かに安いです。

▼関連記事▼
DEX(分散型取引所)とは?メリットとデメリットについて

手数料は、ブロックチェーンを維持するユーザーの手に渡る仕組みが採用されているので、条件はあるもののBlocknetの取引を頻繁に行う人にもメリットがあるわけです。

複数のブロックチェーンを繋ぐことからも、取引可能な通貨の数は多く、日本初のMONAも該当しています。

相互運用性に優れている

ブロックチェーン間の相互運用性を高める設計が行われているので、ブロックチェーンルーター・分散資産交換・ブロックチェーンデータ転送に対応しています。

コインの分散交換を行いつつ収益性も確保することを実現しており、誰の許可を求めること無くコインの交換が可能です。一旦メジャーな仮想通貨へ大手取引所で交換することなく、取引が可能となった点が優れています。

XBridgeによる設計

Blocknetは、異なるブロックチェーン上に存在するノード間で通信を可能にします。なぜなら、peer-to-peerプロトコルのXBridgeに基づいて設計されているからです。

XBridgeは、オープンソースで開発されているので、全てのBlocknet対応アプリに実装済みです。

『BLOCK』を取り扱っている主な取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

[PR]資産は自分の手で保管しよう
仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

関連記事

仮想通貨『Ark(アーク/ARK)』スマートブリッジ機能で他の通貨と連携が取れる

仮想通貨『SingularDTV(シンギュラーDTV/SNGLS)』動画配信コン...

仮想通貨『PIVX(ピヴクス/PIVX)』匿名性が高いことで知られる仮想通貨

仮想通貨『Vertcoin(ヴァートコイン/VTC)』公平なマイニングのためにA...

仮想通貨『0x(ゼロエックス/ZRX)』イーサリアム上の仮想通貨を容易に交換でき...

仮想通貨『Steem(スチーム/STEEM)』コミュニティサイトを盛り上げるため...