仮想通貨『Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)』言わずと知れたBinanceの独自通貨

Binance Coinは、「Binance」という中国の取引所が発行している仮想通貨です。「バイナスコイン」と表記されたり、「BNB」と略されることもあります。

▼関連記事▼
バイナンス(Binance)入金方法・登録方法・注意点について※日本語サポートあり

時価総額はトップ50位以内に入る注目度の高い存在であり、時価総額はこれからも大きく上昇していくと考えられています。

Binanceは元々が取引手数料が非常に安いことで知られていますが、Binance Coinの利用で、更にお得に取引所が利用できる仕組みになっているのです。最近では、Binanceと日本国内の代表的な取引所であるQUOINEとのパートナーシップ締結が発表されました。

世界的にも、国内市場でも、更に高い人気を博している仮想通貨でもあります。他の仮想通貨にはない、様々な特徴や、独特の歴史をたどってきたBinance Coin。

その歴史や、具体的な特徴について、より詳しく紹介していきましょう。

※『BNB』のチャート(2018年06月21日 13時39分時点)

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の歴史について

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の歴史について
中国の取引所である「Binance」が提供するBinance Coin。実は、その歴史はまだ浅く、海外の仮想通貨の中では、非常にフレッシュな存在です。

一方で、日本語対応をしていない海外の取引所ばかりの中、Binanceは数少ない、日本語対応の取引所でもあります。そのため、日本国内の利用者からは評価が特に高く、世界的な価値もあり、知名度がどんどん上昇しているのです。

歴史の浅い取引所でありながら、ごく短期間に、飛躍的な成長を遂げたことも、知名度アップの理由のひとつです。世界の取引所の中で、取引量のトップ1位になったほどの伸び幅は、瞬く間に知れ渡るところとなりました。

ここからは、具体的なBinance Coinの歴史や、その背景を詳細にチェックしていきます。

開設されたばかりの取引所から発行されている

Binanceが解説されたのは、2017年の7月です。初期段階から日本語に対応している、数少ない海外の取引所のひとつでした。

独自トークンであるBinance Coinをはじめとして、「ビットコイン」「イーサリアム」、「バイナンスコイン」、「リップル」「ウォルトン」「ネオ」など、世界の代表的な仮想通貨をおよそ50種類以上取り扱っています。

この取扱い種類の多さもまた、BinanceやBinance Coinが注目され、人気を高めた理由のひとつと言えるでしょう。

Binance CoinのICOでは、スタート時の2億枚のうち、50パーセントが売られ、40パーセントを開発者であるChangPengZhao氏が保有、10パーセントが投資家のもとへ配られました。

▼関連記事▼
ICO – 基礎知識と主なICO分析一覧

今後はスマートコントラクトを開いていく可能性

Binance Coinを含む仮想通貨とは、通貨としての機能だけではなく、基本的にプログラム機能を組み込ませることが可能です。代表的なものとしては、「イーサリアム」のスマートコントラクトは、「バイナンスコイン」を活用することで、作成ならびに実行が可能です。

このスマートコントラクトは、支払いに強制性を持たせることが出来るため、運用が安定化すれば、仮想通貨によってFXを実現できると考えられています。

これからのBinance Coinは、このスマートコントラクトに乗り出していくと考えられており、更に幅広い市場でのニーズが高まり、時価総額を上げていくと言われているのです。

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の特徴とは?

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の特徴とは?
Binance Coinは、Binanceにおける取引時に発生する手数料を割り引ける点にあります。元々、世界的に見てもBinanceは取引手数料がとても安いのですが、独自トークンであるBinance Coinを使用すると、売買時の手数料はなんと50パーセントオフになるのです。

仮想通貨として独立した決済目的というよりは、Binance内の取引における、ポイントトークンとしてとらえている人が大半です。

Binanceの利用者が増加するほど、Binance Coinの価値は高まっていくため、ユーザーが増えるほど、保有者が得をする仕組みというわけです。

もちろん、仮想通貨としての単体理由も十分可能です。Binance自体が、前述したように非常に多くの仮想通貨を取り扱っており、今後もその取扱いは増やしていく意向です。

Binanceというプラットフォーム内での効率の良いやり取りで、多くの仮想通貨を手に入れることが出来るでしょう。

ERC20トークンである

Binance Coinは、「イーサリアム」のブロックチェーン上で発行された「ERCトークン」のひとつです。そのため、「クアンタム」「オーガー」「ゴーレム」などと共通の規格を持っており、プログラムの相互利用や、データのまとめ管理などが実現します。

これは、前述したスマートコントラクトにおいて、決して欠かせない重要な要素です。世界各国の様々な仮想通貨との相互利用が可能になれば、Binanceの幅広い市場の特性も、存分に利用することが出来ます。

土地や他の仮想通貨の影響を受けやすい

Binance Coinの発行元であるBinanceは、中国・香港に本社があります。実は中国は、世界的に見ても仮想通貨の規制が、非常に厳しいことで知られています。

かつて、大手の取引所が閉鎖されたこともあるため、Binanceは本社を移動させる予定と発表しています。また、前述したようにERC20トークンということで、「イーサリアム」の影響が直撃します。

メリットを大きく受けられる一方で、万が一「イーサリアム」やBinanceにトラブルが発生した場合は、Binance Coinもデメリットを受ける可能性があるのです。

『BNB』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方 おすすめ
【6月30日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年6月30日(土)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

DMM Bitcoin公式サイトを見る>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『Civic(シビック/CVC)』煩わしい身分証明を簡略化させることが目...

仮想通貨『Ark(アーク/ARK)』スマートブリッジ機能で他の通貨と連携が取れる

仮想通貨『ATMChain(ATMチェーン/ATM)』広告業界に革命を起こせるか...

仮想通貨『Ripple(リップル/XRP)』銀行などの送金システムにも採用される...

仮想通貨『Gas(ガス/GAS)』NEOを利用するためのトークン

仮想通貨『Cardano(カルダノ/ADA)』詐欺だとも噂された仮想通貨