仮想通貨『Bancor(バンコール/BNT)』仮想通貨同士の交換を容易に行うためにできた通貨

Bancorはイーサリアムプラットフォーム上に作られたスマートトークンの一つです。様々なトークンの交換を容易にするために作られているのが特徴で、価格が自動的に計算されるため売り手と買い手で価格差が出ないしくみになっています。

仮想通貨の取引によって生じる差益や差損が生じにくく、価値を安定させやすい仮想通貨になっているのです。

Bancorのプラットフォーム自体が様々な価格調整と仲介を自動で行う仕組みを採用しているため、格安で利用できる仮想通貨取引所、あるいは販売所としてみることもできます。

証拠金になるお金を納めてからネットワークに接続するのも特徴で、トークンを返済することで証拠金が戻る仕組みになっています。

※『BNT』のチャート(2018年06月21日 13時34分時点)

Bancor(バンコール/BNT)の歴史について

Bancor(バンコール/BNT)の歴史について
Bancorは1940年代にイギリスの経済学者が提唱した通貨をモデルにしています。

インフレなどで苦しむ国が多かったため、経済の安定性を図るために国の枠組みを超え、安定した通貨を作ろうという試みでしたが、アメリカの反対で実現には至らなかったという経緯があります。

仮想通貨としてのBancorは2017年2月に公開されています。売り手や買い手による価値の認識のギャップを埋め、仮想通貨の価値の安定とスマートな交換を実現するために誕生しています。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用し、自動で価格調整を行うため、仮想通貨の価値を保証しやすく、交換による手数料を削減できるというメリットがあります。

▼関連記事▼
『Ethereum(イーサリアム/ETH)』波乱万丈の歴史とスマートコントラクト技術

売り手と買い手による差益も差損が出にくいのがポイントで、トークンや仮想通貨同士の交換を容易にするために作られた仮想通貨なのです。

仮想通貨の価値を保証する試みの一つ

Bancorはもともと通貨の価値を担保し、安定的な流通を確保するための国の枠組みを超えた通貨になるはずでしたが、実現には至りませんでした。

しかし、様々な仮想通貨が誕生し、仮想通貨間の価値の差が大きくなることが流通上の妨げになるケースが増え、再びBancorが活躍する可能性が生まれてきたのです。

特徴的なのは、Bancorのネットワークを利用する時はイーサリアムで証拠金を入れる必要があり、価値の裏づけが行われることです。

Bancorの利用が必要なくなった場合は証拠金を戻してもらうことが可能で、利用者それぞれが出資を行い、システムを支える形式になっています。Bancor自体に別の仮想通貨の裏づけがあることが、価値の安定にプラスになっているのです。

トークン同士の交換を促すプラットフォームの役割も

Bancorはイーサリアム上で動作するスマートトークンであり、トークン同士の交換を促すプラットフォームとしても機能します。同じイーサリアムの同一規格のトークンと簡単に交換が可能で、トークン同士の交換を促す役割を持っています。

価格は自動で計算される仕組みになっていて、利用されている数式なども公開されています。市場の変化に応じて調整が行われる数式も組み込まれていて、最適な価格でトークン同士の交換ができるようになっているのです。

重要なのは取引相手がいなくてもトークンの売買が可能で、最適化された価格で取引がされるため、希望価格のマッチングを待ったりする必要がないという点です。

少しでも高く売り、安く買いたいのが人間の本音ですが、その欲が損失につながる場合もあります。Bancorは数式という第三者が取引を仲介することで、損をする人を減らす仕組みになっているのです。

Bancor(バンコール/BNT)の特徴とは?

Bancor(バンコール/BNT)の特徴とは?
Bancorの特徴はトークン同士の交換を容易にすることで、取引相手がいない時間などでも売買を成立させることができる点です。

市場の情報などを自動的に分離して調整する仕組みが組み込まれているため、Bancor経由でトークンの交換をすれば大損するということがなくなります。安定的な取引できることは、個人取引だけでなく商業や銀行業などにもプラスになります。

ただし、調整機能があっても、市場の変動が大きければ時間の経過で損益が発生する可能性があります。また、数式で調整を行う関係上、最新の相場の動きについていけない可能性があるなど問題が指摘されていて、価格面で伸び悩んでいる部分もあるのです。

公平性の高さが魅力になる

Bancorはトークン同士や仮想通貨の交換を容易にすることから、手数料がほとんどかからず、安定的な両替を実現できるプラットフォームとして利用が可能です。公平性が高く、個人の主観による価格の乖離が起こりにくいのがメリットです。

価格差を利用して損益を出す為替取引には不向きですが、一般的な取引所のように取引所の取り分がない分、お得に両替ができる形になります。

証拠金を預けることや、証拠金の返済請求を行うことも可能で、必要な時だけ利用できるのも魅力です。

3時間で167億も集めるもののすぐに暴落

Bancorは世界の仮想通貨の流通性を高め、損失を最低限にする画期的なプロジェクトとして注目されました。ICO時には3時間で167億円にも上る資金を集めることに成功するなど、その注目度がわかります。

▼関連記事▼
ICO – 基礎知識と主なICO分析一覧

一方で、仕組み上常に最新の価格情報が反映されず、常に価格が市場の後追いになる可能性や、わざと仮想通貨の価値を大きく変動させ、Bancorでその数字が反映された際に大量に売買を行い差益をえる手法が成立するのではないかといった危惧も存在します。

Bancorは上場後の高値から一気に半額以下に暴落し、その後価格が低迷するなど、評価が分かれる仮想通貨の一つになっているのです。

『BNT』を取り扱っている主な取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

仮想通貨 始め方 おすすめ
【6月30日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年6月30日(土)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

DMM Bitcoin公式サイトを見る>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『GameCredits(ゲームクレジット/GAME)』ゲームを今よりも...

仮想通貨『Augur(オーガー/REP)』未来を予測して賭けられる仮想通貨

仮想通貨『Centrality(セントラリティ/CENNZ)』ICOはたったの6...

仮想通貨『Neuromation(ニューロメーション/NTK)』ICOは大盛況!...

仮想通貨『Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)』匿名性の高さが魅力の仮想通貨

仮想通貨『Status(ステータス/SNT)』LINEなどのコミュニケーションツ...