仮想通貨『Augur(オーガー/REP)』未来を予測して賭けられる仮想通貨

Augur(オーガー)はイーサリアムのスマートコントラクトプロジェクトの一つで、ウォレットもイーサリアムのものを利用します。

特徴的なのは未来に出来ることを予測し、予測が当たるか外れるかを賭けることが出来る機能があることです。予測が当たれば報酬がもらえ、外れれば掛け金が没収されます。

ポイントになるのが賭けの胴元になる存在がいないため不正が入り込む余地がないことです。

ギャンブルとしての使い方以外にも、健康を対象にした保険としての役割を持たせることも可能といわれています。病気や怪我をする方に賭け、実際に病気になれば保証金などがもらえ、健康であればお金を失うからです。

応用範囲が非常に広いことから注目を集め、数ある仮想通貨の中でも時価総額はトップクラスに位置しています。

※『REP』のチャート(2018年04月23日 18時43分時点)

Augur(オーガー)の歴史について

Augur(オーガー)の歴史について
Augur(オーガー)は2016年10月から運用された仮想通貨で、正確にはイーサリアムのシステム上で運用されるトークンになります。

▼関連記事▼
『Ethereum(イーサリアム/ETH)』波乱万丈の歴史とスマートコントラクト技術

Augur(オーガー)は占い師の意味で、未来予測市場にアプローチするための仕組みが組み込まれています。

これは未来を予測した人が発案者となり、それに賛成すると反対する人が投票し、あたった人は報酬をもらえ、反対する人はAugur(オーガー)が没収されるという仕組みに反映されています。

天気などの身近なことだけでなく、政治や、報道の真偽など様々な発案が可能で、あらゆる物事を賭けことにできる可能性があります。

2017年から価格上昇が続く傾向にあり、価格面からも注目が集まっています。

未来予測市場に踏み込むイーサリアム発のアルトコイン

Augur(オーガー)は未来予測市場に一石を投じたアルトコインです。

未来を予測することでお金のやり取りが発生するという仕組みを作ることで、未来を多数決で調べるということが可能になっているからです。

例えば商品の売れる、売れないを調べると非常に分かりやすくなります。売れるという人が多ければヒット商品になる可能性が高く、売れないと予測する人が多ければ売れない可能性が高くなります。

客層などの分析を脇に置いてしまえば、マーケティングなどにも利用できる可能性があるのです。

政治の話題をふれば投票がどうなるか予測出来る可能性もあります。お金を賭けることは副次的なものという見方も出来るのです。

レポーターと呼ばれる人が事実判定を行う

Augur(オーガー)はプロジェクトの名前で、正確な通貨名はReputation(REP)になります。賭けに使われるのも支払われるのはREPになります。

未来予測は発案する人と、それに賛成反対する人だけでなく、事実を確認し、報告する人も必要になります。

この報告を行う人はレポーターと呼ばれ、定期的に物事の事実を確認して報告する義務を負います。報告が正しければ報酬がもらえ、誤まっていればレポーター参加のための供託金が失われる形になります。

レポーターの報告が正しいかどうかは、他のレポーターが正しいと認識した数で確認します。世界中にレポーターがいるため、平等な観点から判定が出来る仕組みになっているのです。

Augur(オーガー)の特徴とは?

Augur(オーガー)の特徴とは?
Augur(オーガー)は未来予測を行うことであらゆることを賭けごとに出来るだけでなく、保険やマーケティング市場で主要な役割を果たす可能性があります。

自分の健康を対象に未来予測を行い、当てることが出来れば保険金のように報酬を受け取ることが出来るからです。また、商品が売れるかどうか、人気が出るかどうかといった予測も可能です。

賛成反対だけでなく、複数の選択肢を設定することも出来ます。どの野球チームが勝つかといった設定も可能です。

ただし、日本は一部の公営競技を除きギャンブルを禁じています。扱いを間違えれば法に触れる可能性があるというリスクがあるのも特徴です。

保険やマーケティング市場での応用が有力

Augur(オーガー)は保険やマーケティング市場での応用が有力で、自分の健康を対象とした賭けを行えるほか、商品が売れるかどうかといった調査にも利用できます。

非常に応用範囲が広いため、今後も様々なビジネスに応用される可能性があります。

誰でも未来予測の発案者になれるのもポイントで、胴元としての責任などもないため、自由に行動出来るのも特徴です。ただし、未来予測はあくまでAugur(オーガー)上のものであり、市場のニーズなどと一致するとは限らないのもポイントになります。

応用範囲は広いが利用には課題も

Augur(オーガー)の最大の問題は、各国の法律上の問題です。日本は原則的に賭け事が禁止になるため、Augur(オーガー)を利用した賭けも取締りの対象になる可能性があります。

「賭博」は「お金」のみならず「何らかの財産」を賭ければ成立します。したがって、偶然的な勝敗につき物品を賭けた場合でも、原則賭博にあたります。

出典:どこまでが合法でどこからが違法!?「ギャンブル・賭博関連の法律」について弁護士に聞いてみた!

公平性や透明性を重視したAugur(オーガー)ですが、各地のローカルの法律にあわせて作られているわけではないのです。

保険会社などが利用する場合も慎重な調整が必要と見られていて、日本で普及が進むかは不透明な部分があります。むしろ、他国で普及が進むかどうかが価格の変化の鍵を握るといえます。

『REP』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

■海外取引所

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨『BitcoinGold(ビットコインゴールド/BTG)』ビットコインの...

仮想通貨『Pura(プラ/PURA)』マスターノードを保持することで利益を得られ...

仮想通貨『Ethereum(イーサリアム/ETH)』波乱万丈の歴史とスマートコン...

仮想通貨『Lisk(リスク/LSK)』サイドチェーン技術により過去のデータを修正...

仮想通貨『Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)』ビットコイ...

仮想通貨『PIVX(ピヴクス/PIVX)』匿名性が高いことで知られる仮想通貨