仮想通貨『Ardor(アーダー/ARDR)』早い段階でサイドチェーン技術を利用した仮想通貨

Ardor(アーダー)はNxt2.0と呼ばれていた仮想通貨が改名されたものです。

仮想通貨の中ではかなり古いものであり、ビットコインの技術をベースに作られているのが特徴です。

重要なのが、過去に作られたNxt1.0などと互換性を持つように作られていることです。互換性を保ちながら機能を増やし、同時に処理スピードの向上にも成功しています。Nxt1.0で仮想通貨に親しんだ人も使いやすいように工夫がされているのです。

ただし、基幹となる技術に目新しいものがないため、時価総額のランキングは下がっているのが現実です。

しかし、それでも仮想通貨全体では上位に位置していて、価格も大きくことがあるのです。

※『ARDR』のチャート(2018年02月23日 13時36分時点)

Ardor(アーダー)の歴史について

Ardor(アーダー)の歴史について
Ardor(アーダー)は2016年7月に運用が開始されました。

それまでNxt2.0と呼ばれていた仮想通貨を改名したものです。Nxt2.0のコンセプトを踏襲していて、ビットコインの課題を解決するために作られた仮想通貨の一つになっています。

Ardor(アーダー)はサイドチェーン技術が導入されているのが特徴で、ビットコインと同じブロックチェーン以外にも情報の記録方法があります。

ブロックチェーンとサイドチェーンを使い分けることで過去の仮想通貨と互換性を持たせつつ、機能の改善を目指したのです。

▼関連記事▼
ブロックチェーンとは?仮想通貨を始めるなら最初に知っておきたい技術

メッセージ機能やアセットトークンの発行機能などが搭載されたことで利便性が高くなっています。また、決済の処理も60秒以内と、ビットコインの10分よりも大幅に短縮されています。

ビットコインの課題解決に作られた仮想通貨の一つ

Ardor(アーダー)はビットコインの課題解決のために作られた仮想通貨で、Nxt1.0からNxt2.0にバージョンアップした後に改名して誕生しました。内容はNxt2.0と同じで、機能性の向上と処理速度の高速化がはかられているのが特徴です。

Nxt1.0は2014年の公開と仮想通貨でもかなりの古参で、それなりのユーザー数を獲得していました。

しかし、仮想通貨の進化は続いていたため、不足を補うためにさらにバージョンアップをすることになったのです。

バージョンアップ時に互換性を残し、ユーザーを見捨てなかったことが特徴となっています。

基幹技術の古さがネックに

ユーザーを大切にする姿勢は非常に重要で、ビットコインの分裂騒動などに見られるようなコミュニティの対立が起きなかったことは注目に値します。

[PR]取引所に置くのはもう心配?

一方で、サイドチェーンの導入による機能追加は革新的であったものの、現在では珍しい機能ではなくなっているのがポイントです。

ユーザーが多かったことから仮想通貨全体で見れば上位の時価総額になっていますが、順位は新興の仮想通貨に押されて下降気味です。

基本になる技術の古さがネックになっていて、今後どう課題を解決するかに注目が集まっています。

Ardor(アーダー)の特徴とは?


Ardor(アーダー)はサイドチェーン技術を取り入れることで、プライバシーの保護などの秘匿性、処理速度の向上、メッセージ機能の追加やアセットトークンの生成機能など、様々な付加機能を生んだのが特徴です。

トークンをArdor(アーダー)のシステム上でトレードすることも可能で、これにより個人でICOを行い、他のユーザーと取引するプラットフォームとしての機能も持たせることができます。トレードの際の手数料が格安で住むのは魅力の一つです。

Nxt1.0から互換性を保っているため、過去に作られたプログラムなどの資産も生かしやすいのが特徴です。

画期的な機能が多かった

Ardor(アーダー)はビットコインの改良を目指した、アルトコインの第一世代に当たります。ユーザーの利便性に配慮した機能追加が多く、メッセージ機能の追加などは大きなメリットになりました。

メールや電話以外にも連絡手段ができたためです。

アセットトークンの発行機能も画期的で、新しい仮想通貨として利用することも可能となっています。トークン同士のトレードが可能で、付加価値を高めて人気が出れば、それだけ価格も膨れ上がる可能性があるからです。

一方で、トークンを新規発行する機能などは現在では珍しくなくなっていて、Ardor(アーダー)が目立たない要因の一つになっています。

注目度は低くなっているのが魅力?

Ardor(アーダー)は過去に注目され、現在は余り注目を浴びない仮想通貨になっています。

しかし、普及が進めば価値が大きくあがる可能性もあるため、投機や投資の対象としては人気があります。人気が低く、価値も低いため大きく価値が上昇する可能性があるからです。

ただし、ヒットすれば儲けが大きいといった感覚で購入する人が多く、本命からは外れる傾向があります。また、国内の取引所で購入出来ないのも難点です。

特製を理解しなければ投資の対象とすることは難しく、ギャンブルになってしまいがちなのも特徴になっています。

『ARDR』を取り扱っているオススメの取引所一覧

■国内取引所

  • なし

■海外取引所

[PR]資産は自分の手で保管しよう
仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

関連記事

仮想通貨『Vertcoin(ヴァートコイン/VTC)』公平なマイニングのためにA...

仮想通貨『Lisk(リスク/LSK)』サイドチェーン技術により過去のデータを修正...

仮想通貨『Cardano(カルダノ/ADA)』詐欺だとも噂された仮想通貨

仮想通貨『Blocknet(ブロックネット/BLOCK)』DEXによりブロックチ...

仮想通貨『Dogecoin(ドージコイン/DOGE)』実はただのおふざけコインで...

仮想通貨『Qtum(クアンタム/QTUM)』BTCやETHの長所を集めたようなコ...