仮想通貨取引所におけるレンディング(貸付)とは?

仮想通貨で利益を出す方法は単に売買するだけではなくレンディングという方法もあります。

レンディングとは英語で「Lending」と書き、その意味は「貸付」です。自分の保有している仮想通貨を一定期間他者に貸し、利率をかけて返却してもらうという仕組みになります。

より大きな仮想通貨額を動かしたいという方にとって利便性が高く、また保有額が大きな方にとっても比較的確実に利益を出すことができるシステムと言えるでしょう。

レンディングを手がける取引所は徐々に増えており、その利率もバラバラです。またリスクについても考えなければなりません。もしかしたら大きな損失を蒙る恐れもあるのでそのあたりについてもチェックしておきましょう。

取引所も貸す側もメリットのある方法

取引所も貸す側もメリットのある方法
レンディングは個人間で行われる仮想通貨の貸し借りなので、一切中抜きが発生しません。銀行は高い利率でお金を貸し出し、預金には低い利率をかけるのが普通ですが、利用者にとっては不公平な形と言えるでしょう。

レンディングは、仮想通貨FXなどを行うユーザーに仮想通貨を貸し出すために取引所が利用者から仮想通貨を借りているために存在しています。

レンディングは、取引所にとっても貸し出す側にとってもメリットのあるやり方なのです。

レンディングを行っている国内の取引所

レンディングは本来個人間で行うものなのですが、仮想通貨の場合は基本的に取引所を介して行われます。

その代表的なものとしては海外のPoloniexやbitseeder、Bitbondなどが存在しますが、日本ではCoincheckのみが行っている状況です。万が一のリスクを考えた場合、Coincheckを利用するのが無難でしょう。

▼関連記事▼
コインチェックの特徴(入金方法・提携銀行・注意点・手数料)について

Coincheckでは利率を以下のように定めています。

  • 14日間:年率1%
  • 30日間:年率2%
  • 90日間:年率3%
  • 365日間:年率5%

短期間であれば利率が低く、長期になるほど高い利率になります。

対応する仮想通貨はビットコインをはじめ、アルトコインのイーサリアムリップルなど代表的なものが含まれている形です。

保有している仮想通貨が多い場合、レンディングにより着実と利益を上げることができるでしょう。

▼2018/3/16追記▼
ビットバンクがレンディングサービスを開始しました。当サイトでも記事をまとめていますので、気になる方は是非こちらをご覧ください。

ビットコネクトのレンディングは驚異の利率を誇る

銀行の年利は0.001%です。なので、コインチェックのレンディングのように最大年利5%ともなると非常に高い方です。

しかし、現在仮想通貨取引量トップ10にランキングしているビットコネクトの平均年利はなんと360%です。もちろん平均の値ではあるのですが、日利1%の計算になります。

▼関連記事▼
『BitConnect(ビットコネクト/BCC)』レンディングや通貨保有で高金利報酬が得られる

仮想通貨の世界は常識では考えられないことが平然と起こっているのです。

リスクは確実に存在する

リスクは確実に存在する
レンディングは理想的な状況であれば確実に利益を上げられる仕組みなのですが、現実には様々なリスクが考えられます。

まず、貸し付けている取引所が破たんした場合にどうなるかというと、それでおしまいです。仮想通貨は未だ法律によって保証されている存在とは言い難いものなので、元本が確実に保証されているわけではありません。

また、利益の機会を損失するという事も考えられます。

仮想通貨は相場の変動が激しく、2017年には0.7円前後で推移していたリップルが50円を記録した事もありました。

レンディングをしていると、そのように激しい値動きがあるときに仮想通貨を動かすことができません。場合によっては大きな利益を逃すことになるでしょう。

例えば、ビットコインは2017年5月1日時点で15万円前後でしたが、同年11月には70万円を突破しています。

もし150円の時点で購入していればレンディングとは比較とならない利益を得ていたでしょう。

また、逆に貸し付け時点では十分な価値を有していたコインを1年間貸し付けたとき、価値が下落する一方であったなら売り抜けることもできません。

レンディングは確かに着実に利益を得ることができるのですが、貸し付け期間中に資金を動かすことができないという大きなデメリットを背負うことになるのです。

海外では返済されない事も

海外のレンディングサービスBitbondのP2Pレンディングの融資履歴には1105件中320件が貸し倒れしたという結果が公表されています。

この事からも仮想通過の世界で貸付をすることはリスクが高いと言えるでしょう。少なくとも海外の取引所でレンディングを考えている方はよく考える必要があります。

貸した資金が持ち逃げされることは精神的にもショックを受けるでしょう。

余剰資金があるなら試すのもアリ

Coincheckのレンディングはまだサービス開始してから日も浅く、もしきちんと運用することができれば高い利率で確実な利益を得られるシステムです。

大量の資金を預けるにはリスクの高いサービスではありますが、試しに利用してみるのも良いでしょう。

相場変動によりコインの価値が劇的に低下したり、バブルのように上昇することもあるので、あくまで余剰資金を投入するのに留めておくことが無難です。

仮想通貨 始め方 おすすめ
【11月30日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年11月30日(水)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

詳しくはDMM Bitcoin公式サイトで>>

 この記事へのコメント

  1. […] ▼関連記事▼ 仮想通貨取引所におけるレンディング(貸付)とは? […]

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Segwit(セグウィット)とは?ビットコインの弱点をカバーする技術

Proof of Burn(プルーフ・オブ・バーン)とは?仮想通貨の価値と密接な...

2段階認証とは?仮想通貨取引所やウォレットでは絶対に設定しよう!

仮想通貨の購入方法(成行注文・指値注文・逆指値注文の説明)

ハードフォーク(UAHF)とソフトフォーク(UASF)の違いについて

仮想通貨での利確と損切りの大切さ - 効率よくトレードをするために