仮想通貨の販売所と取引所の違いとは?それぞれの長所と注意点

仮想通貨を取引する方法のなかで、もっとも身近なのが取引所と販売所です。

販売所とは、仮想通貨取引所の中に設けられ、取引所の一部ともいえる存在。取引所のように、仮想通貨を売買することができます。

販売所と取引所では、違った点がいくつかあります。売買の取引相手が違ったり、取引額を決める基準が違っていたり。手数料の金額が違ってくることもあります。

希望額で売買したいのか。早く売買したいのか。その時々の目的に合わせて、取引所と販売所を使い分けると便利です。

特別な場合をのぞいて、希望の金額で、ある程度の量を売買したい時に向いているのが取引所。金額にこだわらず、早く大量に売買したい時に向いているのが販売所。と考えられています。

販売所も取引所も、常に価格や状況が変化します。最新の情報を確認したうえで、有利に取引を行ってください。

仮想通貨の販売所とは?

仮想通貨の販売所とは?
仮想通貨の販売所は、仮想通貨取引所の中に設けられているしくみです。取引所のしくみを理解していると、販売所のしくみも判りやすくなります。

取引所とは、仮想通貨を売りたい人、仮想通貨を買いたい人が集まって交渉して、取引する市場です。

売りたい人と買いたい人の希望が一致したら、両者の間で売買取引が行われる形になっています。販売所は取引所の中にあり、こちらでも仮想通貨の売買を行えますが、売買の内容が全く違います。

販売所で仮想通貨を売買しているのは、取引所の運営会社であることが多いのです。

ですから販売所に仮想通貨の売買を申しこんだ場合、売買の相手は取引所の運営会社そのものということになります。

販売所での取引は、取引所での取引と違って、取引相手を探す必要がありません。24時間いつでも売買できて、売買できる最大量も取引所より多くなっています。

手続きも比較的かんたんで、今すぐ大量の仮想通貨を売買したいという時、とても便利なしくみです。

国内の取引所ですと、CoinCheck(コインチェック)のアルトコイン取引、ビットフライヤーのBTC、ETH以外が販売所です。

販売所の長所~いつでも取引できて手続きが分かりやすい

販売所のもっとも大きな長所は、売買したい時すぐに取引できることです。インターネットで24時間取引できて、取引相手を探す必要がありません。

取引相手が運営会社だと分かっているので気楽と考える人もいます。

仮想通貨の初めての取引は、販売所がおすすめという説もあります。販売所の売買相手は取引所の運営会社であり、売買価格や手続きが理解しやすくなっています。

最初に販売所で取引のイメージがつかんでおくと、取引所デビューが楽かもしれないのです。

販売所の注意点~手数料(スプレッド)がかかってしまう

販売所の最も大きな注意点は、手数料がかかることです。

販売所で売買される仮想通貨の価格には、運営会社の手数料が含まれています。取引所で仮想通貨を売買する時より、割高になることが多いのです。

販売所が売買価格を決めるので、自分の希望額で売買できない可能性もあります。ただし、価格変動が有利に働く可能性もあるので、メリットとなるかもしれません。

その場で売買の価格が決まり、指値取引ができない点も注意が必要です。

仮想通貨の取引所とは?

仮想通貨の取引所とは?
仮想通貨の取引所のしくみは、株式市場や為替市場に似ていると言われます。

株式市場や為替市場では、売りたい人と買いたい人が交渉し、お互いに売買の量や価格などが合意できたら、取引成立だからです。

仮想通貨の取引所も、仮想通貨を売る人と買う人が売りたい値段、買いたい値段などを交渉して合意できたら取引が成立します。

売りたい人も、買いたい人も、自分が納得する価格で仮想通貨の取引を行えるのです。

そのかわり、売りたい金額で買ってくれる人がいなかったり、希望の額で売ってくれる人がいなくて、買えなかったりします。取引する通貨の全体の取引量が極端に少ないと、必然的に取引を行うことはできません。

そういった点も、仮想通貨の取引所と、株式や為替が似ているとされる理由かもしれません。

国内ですと、CoinCheck(コインチェック)のBTC取引、ビットフライヤーのBTC、ETH、ザイフの全通貨が板取引可能です。

取引所の長所~販売所より安く買えて高く売れる

取引所での売買は、全般的に販売所よりも安く買える、販売所より高く売れるという傾向があります。

通常は、販売所より取引所で売買した方が良いと考えられているのです。

▼関連記事▼
仮想通貨の購入方法(成行注文・指値注文・逆指値注文の説明)

自分の希望に近い額で売買できて、自由度が高いというメリットもあります。売る人と買う人、どちらも納得してから取引が成立しますし、あらかじめ指値を設定しておいて、指値注文もできるからです。

販売所と違って、取引所には手数料の上乗せがないので、コストパフォーマンスが最低限というメリットもあります。

取引所の注意点~売買の相手が見つからない可能性がある

取引量が多い仮想通貨ではめったにないことですが、仮想通貨の取引所の場合、売買の相手が見つかるまで時間がかかることがあります。

取引所は、売りたい人と買いたい人の合意によって、取引をします。誰もその金額で売らない、誰もその金額で買わない、となった場合には、なにも売買できない可能性があるのです。

金額やコストにはこだわらない、とにかく早く売りたい状況の時は、販売所のほうが向いているかもしれません。

取引所と販売所を使い分けると、より多くの利益を狙える可能性が出てきます。両者の違いを活用してより有利な取引を楽しんでください。

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨FXとは?取引所によってはレバレッジをかけて取引が可能

仮想通貨での利確と損切りの大切さ - 効率よくトレードをするために

ハードフォーク(UAHF)とソフトフォーク(UASF)の違いについて

リップルが適用したロックアップとは?「価値の安定」に関係あり

仮想通貨におけるウォレットとは?オンラインウォレットとハードウェアウォレットの違...

エアドロップとは?エアドロップを行った有名な仮想通貨と情報の入手方法