マイニングとは?誰もが仮想通貨を採掘できる

マイニングとは採掘を意味する英語が元になっていて、ビットコインなどの仮想通貨を発行する仕組みのことです。

ビットコインはP2Pと呼ばれるネットワークで情報を共有する仕組みになっていて、ビットコインを自由に発行できる人間がいないのが特徴です。

新しいビットコインを発行したい場合はP2Pネットワークに参加しコイン発行のための手続きを踏まなければならないのです。

新しく通貨を生み出すために作業を行わなければならないことから、新しいビットコインを生み出すための作業をマイニングと呼び、その作業に従事する人をマイナー(採掘者)と呼ぶのです。

仕組みを理解することで誰でもマイニングに参加できることがビットコインの特長にもなっています。また、ビットコイン以外のアルトコインでもマイニングが可能なことがあります。

マイニングは誰でも参加することが可能

マイニングは誰でも参加することが可能
マイニングは新しいビットコインを世に生み出すための行為です。

マイニングを行わなければビットコインの発行数は増えず、既存のビットコインの取引のみで流通する形になります。

新しいコインが生まれなければ使う人が増えない恐れもあるため、発行のために協力してくれた人間に報酬としてビットコインが与えられる仕組みになっています。

特徴的なのは誰でもマイニングに参加することが可能なことです。知識があれば誰でもビットコインを手に入れられる可能性があるのです。

ただし、ビットコインを獲得する競争は激化しているため、知識だけでなくお金もかかる自体になっているのです。

暗号を解くことでビットコインが発行される仕組み

ビットコインは特定の企業や個人が発行しているわけではなく、仕組みとしてネットワーク上で共有されているのが特徴です。

新しいビットコインを手に入れるためには特定の暗号を解読する必要があり、ビットコインの数だけ暗号が存在する仕組みになっています。

暗号は数式でできているため、推理ではなくコンピューターの処理で解いていきます。どの暗号が解かれたかは世界中で共有されるため、世界で一番最初に暗号を解いた人にビットコインが与えられます。

誰でも参加できる早い者勝ちの勝負になっているのです。

すでにマイニング業者が存在するのがポイントに

マイニングは誰でも参加が可能で、コンピューターに暗号を処理させるという単純作業が続くことからマイニングと呼ばれるようになりました。

しかし、ビットコインの価値が上がるにつれマイニングをする人は増えていて、使われるコンピューターも高性能なものになっています。

マイニングは早い者勝ちです。

そのため、より早く暗号を解くために高性能なコンピューターを数台、数十台、数百台購入し、マイニングだけで利益を生み出す専門業者なども誕生しているのです。

すでにマイニングを行うためだけの工場も存在し、一般の人間がビットコインをマイニングするハードルはあがっているのです。

一人では無理なことも複数人ならマイニングが可能に

一人では無理なことも複数人ならマイニングが可能に
一人で業務用のコンピューターを複数台扱うような業者とマイニング競争を行っても、勝てる見込みは限りなく低くなります。

暗号とビットコインは結びついているため、暗号を先に解かれてしまえばそれまでの労力が無駄になってしまう可能性があります。

しかし、一人ではなく世界中のコンピューターの処理能力を借りればマイニングができる可能性が出てきます。一人一人のコンピューターの性能は低くても、数が多ければ処理能力が高くなるからです。

パソコンのCPUの処理能力などをシェアしあうことで、報酬となるビットコインを分け合うマイニング方法なども誕生しているのです。

ネットワークを通じてビットコインを分け合う方式

マイニングのハードルは高くなっていますが、ネットワークで様々な人が協力し合えば新しいビットコインを手に入れることも可能になります。具体的にはマイニング用のネットワークに参加し、パソコンなどの処理能力の一部を提供します。

電気代と処理能力の一部を提供することで、処理能力に応じた報酬が支払われる仕組みができているのです。ビットコインを山分けするような形で、コンピューターが高性能であるほど報酬も高額になることになります。

注意したいのは、専門的にやろうとすれば、やはり割に合わなくなってしまう可能性がある点です。お小遣い感覚程度の方がわかりやすく、参加のハードルが下がります。

ウィルスや偽サイトに注意が必要

グループに所属してマイニングをする方式は、非常に手軽です。ただし、偽サイトやウィルスをばら撒く悪意のあるサイトもあるため注意が必要です。

気づかないうちにウィルスに感染し、強制的にマイニングに参加させられてしまうケースがあるからです。

もちろんウィルスが原因のマイニングの場合は報酬が発声しないことになります。

マイニングに参加する場合は、情報源をしっかりと確かめる必要があります。日本語でもマイニングに参加できるプラットフォームもありますが、その分報酬が低くなることもあります。

報酬が高すぎて怪しいということもあるため、バランス感覚が必要になるのです。

仮想通貨 始め方
アルトコインの取引は『バイナンス』がお得!!

国内取引所の多くは、アルトコインの取引時に手数料が上乗せされています。その時のボラティリティ(流動性)でその手数料は変動するのですが、約3%~10%だと言われています。

『Binance(バイナンス)』という海外取引所を利用すれば、手数料は一律0.1%で済みます。※バイナンスは2017年12月時点で取引量世界一です。

例)
手持ちのXRP(リップル)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合

■国内取引所

  1. XRP売却(3%~10%マイナス)で日本円に戻す
  2. 日本円でETH購入(3%~10%マイナス

XRPをETHに変更するだけでも6%~20%マイナスになってしまいます。

■Binance(バイナンス)

  1. XRP売却(0.1%マイナス)でBTCに戻す
  2. BTCでETH購入(0.1%マイナス

Binance(バイナンス)の場合、0.2%で抑えることができます。

更に、Binance(バイナンス)独自のトークンであるBNBを利用すれば、手数料を半額にすることが可能です(0.1%の半分なので0.05%)。

また、取り扱っている仮想通貨の種類も2017年12月時点で約85種類あり、現在も速いスピードで様々な仮想通貨を上場させています。メアドさえあれば登録は可能なので、利用しない手はないと思います。

▼公式サイト▼
https://www.binance.com/

※2018年1月現在、バイナンスは新規登録者の制限を行っている時間帯があります。登録できない場合は、時間をおいて公式サイトを確認してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨の発行上限と供給枚数はチェックするべき!その理由について

仮想通貨での利確と損切りの大切さ - 効率よくトレードをするために

仮想通貨FXとは?取引所によってはレバレッジをかけて取引が可能

2段階認証とは?仮想通貨取引所やウォレットでは絶対に設定しよう!

ハードフォーク(UAHF)とソフトフォーク(UASF)の違いについて

Proof of Stake(プルーフオブステーク)とは?Proof of Wo...