ビットレックス(bittrex)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)について

仮想通貨の海外取引所で有名な大手取引所『BITTREX』は、2014年に設立され、アメリカのBittrex.LLCによって運営されています。

取り扱っている仮想通貨種類が200種類と多く、世界最大手と言われるPoloniexよりも多くのアルトコインの取引が出来、大変人気のある取引所です。

近年の仮想通貨ブームから、様々なコインを求めて海外の取引所を利用する方も多く、利用するに至らないにしても注目している方は多いと思います。

そこでBITTREXの取引所の特徴や利用の仕方をご紹介したいと思います。

▼公式サイト▼
https://bittrex.com/

ビットレックス(bittrex)の主な特徴と登録方法

ビットレックス(bittrex)の主な特徴と登録方法
なかなか海外の取引所を利用するなんて、ハードルが高いのではないかと構えてしまうものですが、意外と簡単に登録が出来取引を行うことが出来てしまいます。

BITTREXの特徴と取引を行う手順をご紹介します。

取り扱い銘柄は200種類以上

仮想通貨の取引量に関しては、Poloniex取引所に及びませんが扱っている通貨は200種類以上と圧倒的に多い特徴を持ちます。

マイナーなアルトコインや新規上場のコインを入手することが出来ます。ただ、沢山種類がある中でも評判の良くない通貨も存在しますので、興味本位でいろいろ手を出すのはお勧めできません。

もちろん、上場してから何十倍~何百倍もの価値に値上がりするものもあるため、そのような仮想通貨の醍醐味を求めてBITTREX取引所は大変人気が高いのです。

本人確認無しでアカウントが取得できる

BITTREXのアカウント登録は、本人確認書類の提出無しで簡単に作ることが出来ます。

まずBITTREXのサイトを開き、トップ画面の右上にあるログインボタンをクリックします。

表示されたログイン画面の右下にあるSign upをクリックしアカウント作成へと進んでください。

メールアドレスとパスワード(2回)を入力します。送信しますと、入力したアドレスにメールが届きますので、メール内のリンクをクリックし、ログインとなります。ここまでの作業はとても簡単です。

ログインが完了したら、2段階認証の設定を行ってください。トップ画面の右上に"Settings"というボタンがありますのでクリックします。"Two-Factor Authentication"を選択し、表示されたQRコードをアプリで読み込んでください。

表示された6桁の数字を入力してクリックすれば、メールが届きますのでメール内のリンクをクリックして設定の完了となります。

ちなみに、QRコードが表示される際にシークレットキーも表示されますので必ず控えておくようにしてください。無くした場合は対処に最大7日かかるそうです。

BITTREXへの入金方法と手数料

BITTREXへの入金方法と手数料
さて口座の登録が完了しましたら、いよいよ取引の開始となります。

BITTREXへの送金の方法と、送金にかかる手数料を見てみたいと思います。

日本円の送金は無理

BITTREXでは日本円での取引が出来ません。そのためBITTREXで取り扱っているコインを入手し、BITTREXの口座へ送金することとなります。

まずは日本国内の仮想通貨取引所において口座をつくり、ビットコインなどを購入しておいてください。

送金手続き

BITTREXのトップ画面の右上に"Wallets"ボタンがありますので、クリックします。表示された画面のSearch欄で入手したコインを検索してください。

表示されましたら"+"ボタンより入金することが出来ます。ちなみに"-"ボタンは出金の際利用します。

+ボタンをクリックすると、アドレスが表示されます。このアドレス宛に送金手続きを行いますので、間違えの無いように控えるもしくはコピーしてください。

次に国内の仮想通貨取引所口座のトップ画面を開き、送金手続きへと進みます。送りたい分のコイン数を入力し、BITTREXで得たアドレスを入力して送金ボタンをクリックするのみです。

ちなみにコインチェックからビットコインを送金する場合、送金手数料は0.0005BTCで日本円にして約150円程です。

送金画面には手数料の表示もあると思いますので、確認することをオススメします。

ビットレックス(bittrex)の取引手数料って高いの?

ビットレックス(bittrex)の取引手数料って高いの?
BITTREX取引所での取引を開始するにあたって、登録も送金手続きも思いのほか簡単に出来てしまいます。仮想通貨を利用するということで送金手数料も破格の値段です。

そこで次に気になるのが、取引の際にかかる手数料ではないでしょうか。

いったいどのくらいかかるのでしょう。

取引にかかる手数料ってどのくらい?

BITTREXでの取引手数料は約0.25%です。

10万円の取引で250円、100万円で2500円程になります。

ちなみに2大海外取引所の1つであるPoloniexの手数料は約0.15%ですので、比べるとやや高く感じるかもしれませんね。

ビットレックス(bittrex)を利用する際に注意したいこと

ビットレックス(bittrex)を利用する際に注意したいこと
仮想通貨を取引したことの無い人にとっては、コインを購入するだけでも多少不安が伴うと思います。ましてや海外の取引所を利用するとなると、さらに不安になるものです。

しかしBITTREXは、仮想通貨の取り扱い種類が多くとても魅力的な取引所ですので、是非お勧めしたい取引所です。

少しでも安心して利用してもらえるように、あらかじめ押さえておきたい注意点を見てみたいと思います。

海外の取引所、日本語表示は無し

当たり前のことですが、海外の取引所となりますので日本語の表示はありません。ただ、日本国内で仮想通貨を取引した経験が少しでもあれば、見たことのある単語や数字があり、おおよそ把握できると思います。

ただ、入出金などのトラブルが発生した場合は英語での問い合わせとなります。

英語が出来ない人にとってはかなりのデメリット点となるでしょう。

出金には制限がかけられている

BITTREXでは出金に制限がかけられており、制限を外さない場合は1日の出金量が0.025BTC相当までとなっています。この制限を解除するにはアカウント認証のレベルを上げる必要があります。このレベルには2段階あり、段階ごとに出金できる金額が変わります。

まず1ランクアップのBasicアカウントは、個人情報を英語にて入力し電話SNS認証が必要となります。

もう一つアップするとEnhancedアカウントとなりますが、これにはパスポートなどの顔写真のついた証明書を提出する必要があります。

Basicアカウントで1日3BTC相当まで。Enhancedアカウントで1日100BTC相当まで出金が可能となります。

海外の取引所を使う危険度は?

BITTREXのアカウントを持つことで、予想もつかない事態が起こる可能性があります。世界を相手にした大きな取引所でるため、攻撃の対象にもなっています。

アカウントが盗まれればコインはまるごと持ってかれてしまいますし、メールなんかでもフィッシング詐欺にあう可能性だってあります。フィッシング詐欺とは、BITTREXの偽サイトにログインしてしまい、そのまま資金が盗まれるということです。

このような危険を避けるためにも、アカウントを作成したら2段階認証を必ず設定するようにしてください。

英語表記を理解するツールを利用する

サイトの利用やメールを解読する際には、翻訳ツールを活用してみてください。おおよその把握で理解したつもりでいるとあとあとトラブルになりかねません。

BITTREXでの取引を始める前に、英語対策を考えておくことをオススメします。

▼公式サイト▼
https://bittrex.com/

仮想通貨 始め方 おすすめ
【10月31日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年10月31日(水)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

詳しくはDMM Bitcoin公式サイトで>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

SingularX(シンギュラーエックス)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)...

Binance(バイナンス)の使い方(入金方法・登録方法・注意点)について

チェンジリー(Changelly)の使い方(入金方法・取引手数料・注意点)※公式...

ビボックス(Bibox)の使い方(入金方法・取引手数料・注意点)について

【仮想通貨FX】BitMEX(ビットメックス)の使い方(登録・レバレッジのかけ方...

クーコイン(Kucoin)の使い方(入金方法・登録方法・取引手数料・注意点)につ...