ヒットBTC(HITBTC)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)について

ヒットBTC(HITBTC)とは、2013年に開始された仮想通貨取引所です。

こちらの記事では、ヒットBTC(HITBTC)の主な特徴と登録の流れや入金方法(手数料)、ヒットBTC(HITBTC)を利用する際の注意点について詳しく説明していきたいと思います。

ノアコインについてはこちらをご覧ください。

▼公式サイト▼
https://hitbtc.com/

ヒットBTC(HITBTC)の主な特徴と登録の流れ

ヒットBTC(HITBTC)の主な特徴と登録の流れ
ヒットBTC(HITBTC)は、大手取引所では取り扱っていない様なマイナーなアルトコインの種類が多く、特に他の取引所には上場していないようなICO(クラウドセール)直後の銘柄を取り扱っていることが魅力です。

まずは、その特徴と登録の流れについてご説明していきます。

ヒットBTC(HITBTC)の主な特徴

ヒットBTC(HITBTC)は、2013年から営業を行っている、比較的歴史が古い取引所になります。

公式ホームページ上で確認できる運営会社は、HIT Solution Incという会社ですが、運営会社の所在地に関しては公式ホームページ上では公開されておらず、ネット上にも確かな情報がないのが現状です。

とにかく取り扱っているアルトコインの種類が多く、特に他の取引所には上場していないようなICO(クラウドセール)直後の銘柄を取り扱っていることが、ヒットBTC(HITBTC)の魅力です。

▼関連記事▼
ICOとは?上場する前の最安値で仮想通貨を購入可能

初心者向けの、ある程度メジャーなコインの取引が目的であれば、利用者や取引高の多い他の取引所がありますので、ヒットBTC(HITBTC)は、は大手取引所で扱っていないマイナーなコインを取引する際に使うプロ向けの取引所という位置づけになります。

ヒットBTC(HITBTC)の登録の流れ

ヒットBTC(HITBTC)の登録の流れは以下のような手順になります。

  1. HitBTCの公式ホームページにアクセスします。
  2. 右上の「Register」(赤枠部分)というボタンをクリックします。
  3. 登録するメールアドレスとパスワードを入力し、「Register」をクリックします。
  4. メッセージ画面が表示され、登録したメールアドレスに認証メールが送信されます。
  5. メールに記載されている確認リンクをクリックすれば、登録が完了します。

ヒットBTC(HITBTC)の入金方法(手数料など)

ヒットBTC(HITBTC)の入金方法(手数料など)
ヒットBTC(HITBTC)にはアカウントタイプが複数存在し、入出金の上限がそれによって変わります。それぞれのアカウントタイプと入金する際の手数料についてご説明します。

アカウントタイプと入出金の上限

ヒットBTC(HITBTC)には、3種類のアカウントタイプが存在し、それぞれ1日当たりの入出金上限が決まっています。

  • General:入金(上限なし)、出金(5000ユーロ相当/日)、法定通貨入出金(対応なし)
  • Verified:入金(上限なし)、出金(25000ユーロ相当/日)、法定通貨入出金(2000/週または10000/月)
  • Qualified:入金(上限なし)、出金(上記以上)、法定通貨入出金(10000/週または50000/月)

初期登録時点では「General」の状態になっています。

アカウントタイプのアップグレードには、本名や住所、銀行口座、公的な身分証などの証明書をHitBTC宛てにメールで送信する必要があります。

ヒットBTC(HITBTC)の入金方法

ヒットBTC(HITBTC)の入金方法は、以下のような手順になります。

  1. サイトにログイン後、右上の「Fund」をクリックします。
  2. 入金したい通貨を選び、「+」ボタンをクリックし、入金用アドレスを発行する。
  3. 入金した通貨の残高の右側にある矢印ボタンをクリックし、移動させたい額を指定して「Transfer」ボタンを行う。

つまり、メイン口座にいったん入金し、そこからトレーディング口座へ移動させるという手順です。

なお、トレーディング口座に通貨を移動させるのに手数料は掛かりません。

ヒットBTC(HITBTC)の取引手数料について

ヒットBTC(HITBTC)の取引手数料について
ヒットBTC(HITBTC)の取引手数料には、トレード手数料と送金(引き出し)手数料の2種類があります。

他の取引所と比べると、トレード手数料が少し特別なので是非頭に入れておいてください。

トレード手数料

まず、指値注文が約定した場合は、-0.01%の手数料というよりも、0.01%のバックを貰うことが可能です。

例えば10万円の指値注文が約定した場合、10円もらうことが出来ます。手数料というよりボーナスになります。

成行買い・売りの場合は0.1%の手数料がかかります。指値注文・成行注文ともに0.25%と高額に設定されている取引所がある中では、非常に手数料が低いです。

▼関連記事▼
仮想通貨の購入方法(成行注文・指値注文・逆指値注文の説明)

ヒットBTC(HITBTC)は手数料が安いだけでなく、ボーナスをもらうことが出来るのが特徴です。

送金(引き出し)手数料

ヒットBTC(HITBTC)から引き出し、他の取引所やウォレットなどへ送金を行う際の手数料は、次のように通貨によって決められています。

  • ライトコイン: 0.001ライトコイン(1ライトコイン6,000円の場合6円)
  • ビットコイン: 0.0003ビットコイン(1ビットコイン50万円の場合は150円)
  • イーサリアム: 0.0013イーサリアム(1イーサリアム3万円の場合は39円)

ビットコインやイーサリアムに関しては送金手数料も激安になっています。

通貨の種類によっては送金手数料が高額に設定されていますので、送金前に確認しておく必要があります。

ヒットBTC(HITBTC)を利用する際の注意点について

ヒットBTC(HITBTC)を利用する際の注意点について
ヒットBTC(HITBTC)は、他のメジャーな取引所と比べても、手数料が安いということがメリットです。

では、注意点やデメリットは本当にないのか、検証していきます。

いったん不正にログインされるとリスクが大きい

ヒットBTC(HITBTC)は、ビットレックス(bittrex)のように、個人情報を開示して出金制限を解除するという設定にはなっていません。

登録をすると無制限に引き出しをすることができます。

このように、個人情報関係の面倒な手続きをしなくて良い反面、いったん不正にログインされてしまうと1回で全部引き出されてしまうことになります。

出金時は2段階認証、メール認証が必要ですが、ログインされている時点で、メール認証などは破られているので、大きな額を預けたままにしないようにする方が安全です。

ヒットBTC(HITBTC)がコールドウォレットで保管していないのであれば、ハッキングされる可能性も否定できないのが現状です。

マイナーな取引所なりのリスクを覚悟する

国内にも仮想通貨の取引所は多くあり、海外にもヒットBTC(HITBTC)よりメジャーな取引所があります。

その一方で、ヒットBTC(HITBTC)のようなマイナーな取引所では、倒産や資金が取り出せないといった危険があります。

ホームページも英語か中国語しか対応しておらず、何か起こってもすべてそれらの言語での対応になるのも注意が必要です。

▼公式サイト▼
https://hitbtc.com/

仮想通貨 始め方 おすすめ
【8月31日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年8月31日(金)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

詳しくはDMM Bitcoin公式サイトで>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バイナンス(Binance)入金方法・登録方法・注意点について※日本語サポートあ...

ビットレックス(bittrex)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)について

【仮想通貨FX】BitMEX(ビットメックス)の使い方(登録・レバレッジのかけ方...

リクイ(Liqui)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)について

ヨービット(Yobit)の特徴(入金方法・取引手数料・注意点)について

チェンジリー(Changelly)の使い方(入金方法・取引手数料・注意点)※公式...