「bing」が仮想通貨広告を禁止!検索エンジンと仮想通貨の関係性について

「bing」が仮想通貨広告を禁止!検索エンジンと仮想通貨の関係性について

仮想通貨という単語が一般的になり、興味を持つ人も増えていくのと同時に様々な混乱などを招いてしまうことにもつながることがあります。

検索エンジンの一つである「bing」も7月までに仮想通貨の広告を全面禁止するとマイクロソフトが正式な発表を出しました。

検索エンジンになぜ影響があるのか?

検索エンジンになぜ影響があるのか?検索エンジンは各自が気になることや調べたいものを探すのに非常に便利であり様々な検索エンジンがあります。検索エンジンは多く人が興味を持つ単語を連続して並べるサジェスト機能が充実しており仮想通貨関連でも多くの人がりようしているといえます。

この検索エンジンに広告が付くことで、検索しながら無意識に広告がユーザーの視界に入りこむことになり、TVコマーシャルよりもダイレクトマーケティングが可能になっています。

今まで仮想通貨などに興味がなかった人でも検索エンジンを多用していくうちになんとなく仮想通貨をやってみようかな?と思えるようになる状態が出てきます。

全年齢がアクセスできる検索サイトは広告市場としては非常にうまみのあるものであり、多くの顧客を作る絶好の場といってもいいでしょう。

広告がどのように作用するか?

日本でもワンクリック募金というものがあり、これは広告を見ることで広告のスポンサーがワンクリック募金を使用しているサイトなどに1円のキャッシュバックを行うというものになります。

多くの利用方法はワンクリック募金のスポンサーが提示する提供先に募金が行くようになっており、東日本大震災の時などは大手製薬会社のワンクリック募金が医療団体などの注射針などの資金に使用されました。

ユーザーは見るだけで募金ができ、サイト主は自サイトに来てもらうきっかけになる。

広告主は1つの広告をダイレクトに見せることでインパクトを与えることができるので、回数を重ねるほど購入につながっていくという3つの関係が生まれることになります。

このようなネット広告はTVコマーシャルなどよりも効果が高く、スポンサーサイドにしてもメリットが大きなものになります。

また、TV離れという言葉がある様に若年層ほどネットに接続する時間が長く、購買層としての開拓が高い効果で出来ることなどからも大きな流れを生み出しました。

仮想通貨と広告は相容れないもの?

仮想通貨と広告は相容れないもの?仮想通貨の広告はTVコマーシャルにもありますが、前述の通りにTVそのものを見ないという世代も多く、TVよりもスマートフォンなどでインターネット配信やインターネットTVを見る時間のほうが長いというのも一般的になりました。

また、通勤時の電車の中でスマートフォンを利用する世代は高齢者にも多く、インターネットが身近になった分、ネット広告のマーケティングの大きさに着目する企業が増えてきました。

少ない広告料で大きな効果を出せる市場がスマートフォンやインターネットの一般化によって存在するようになり、メリットもですが様々なトラブルなども起こり始めているのが実情ともいえます。

仮想通貨は規制が追い付いていない

広告は種類別に規制などがあり、わかりやすい部分ではアダルト広告などはティーンが多くアクセスするサイトなどには提供できないなどがあります。

検索エンジンは全年齢が対象であり、広告のダイレクトマーケティング力は非常に大きなものになります。

仮想通貨は前述のような規制がないので検索サイトなどで見ることも可能であり、広告を見た人が仮想通貨のことをすぐに検索できるというシステムも完成していると考えてもいいでしょう。

仮想通貨は日本でも一時大きなニュースをうみ、簡単に大もうけできるなどの印象を持つ人もまだまだ多くいます。

ですが、誰かが儲かるということは誰かが損をするということがセットになっていることだというのはあまり知られていない状態です。

仮想通貨が原因で考えられるトラブル

仮想通貨の浸透のベースにはFXがあると考えられます。

FXはスマートフォンなどで手軽に取引ができることなどからお気軽投資家などを多く生み出しました。金額が少なければ痛手も少ないですが、中には一家離散などの状態や何千万という負債を背負ってしまった人も存在します。

仮想通貨も同じようにスマートフォンなどで気軽に取引ができる部分から、ハイリスクハイリターンを掴ませようとする所謂悪徳業者が多く存在する状態です。

副業などにFXや仮想通貨を勧める広告などは非常におおく、実際に手を出すことはないと思っていても興味本位でクリックする人は少なくありません。

脳内にインプットされることで金銭面の不安を感じた時にそのような悪徳な仮想通貨業者に手を出してしまい大変なことになるなども作りやすいのがインターネット広告になります。

そこまでマーケティング力が強いことを考えれば、まだ規制の入っていない仮想通貨の広告をマイクロソフト社が検索エンジンから削除しようと考えるのも、健全なメディアリテラシーのためには当然というものかもしれません。

仮想通貨 始め方 おすすめ
【10月31日まで!!】口座開設するだけで1,000円ゲット!

国内取引所であるDMM Bitcoin1,000円をゲットできるチャンスです。

1,000円を貰う流れは以下の通りです。

2018年10月31日(水)までに口座開設完了(郵送物に記載の認証コードを入力完了)

DMM Bitcoinは大手企業のDMMが運営しており、仮想通貨交換業者にも登録済みの取引所です。ローラさんがCMをしているのを見たことがある方も多いと思います。

今の段階では他の国内取引所にないキャンペーンなので、是非この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか?

詳しくはDMM Bitcoin公式サイトで>>

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨の価値はSNSなどのコミュニティと影響しあう

仮想通貨の価値はSNSなどのコミュニティと影響しあう

仮想通貨に対する各国(ロシア・アイスランド・中国・韓国・アメリカ・日本)の規制

仮想通貨の発行上限数と供給量の割合一覧(11月6日現在)

ビットコインの信頼性とは?モナコインの勝因について

ビットコインの信頼性とは?モナコインの勝因について

ヨービット(Yobit)にて『Bitcoin LIZA(ビットコインリザ)』が配...

Bitpet(ビットペット)とは?特徴・登録方法・遊び方について